研究室紹介

研究室紹介

研究室一覧

ヒューマン情報学講座 Human Informatics

認知行動科学研究室

認知行動科学研究室

担当教員:北島 宗雄、中平 勝子、秋元 頼孝

私たち人間が日常的な認知行動をどのような仕組みで行っているのかを科学的に理解することを目指して研究を進めています。生活の中の具体的な場面をとりあげ,人の行動をビデオ記録し,アンケート等を実施し,収集したデータを分析し,行動の仕組みをモデル化するというアプローチをとります。また,人間の認知 行動の理解に基づき,より快適な生活を送ることを実現できるようなインタラクティブシステムやサービスの設計,構築,評価を行います。

医用福祉工学研究室

医用福祉工学研究室

担当教員: 三宅 仁,永森 正仁

医用福祉工学研究室(三宅研)では現在、3つの柱となるテーマがある。1)医療情報学--電子カルテを基本とした新しい医療用情報システムの開発。2)新しい生体影響度評価法の開発--重心動揺計を用いて疲労やVRへの影響度評価法の開発と高齢者への応用など。3)昆虫のバイオミメティクス--このテーマは主として機械系学生向け。ただし、解析に3次元グラフィックス等を用いるので画像情報処理としてのテーマは見込める。

スポーツ工学研究室

スポーツ工学研究室

担当教員:塩野谷 明

より快適な、そして高いパフォーマンスを持ったスキー用具の開発やスポーツ障害の問題は、ヒトの身体機能や動作の研究が不可欠になります。当研究室では、スキー、テニス、サッカーなどのスポーツ用具や車椅子などの福祉機器のメカニズム、人間の特性について力学的、生理学的に解明する研究を行っています。また、それらを評価するソフトウェア・装置の開発も行っています。そして。スポーツ用具を評価した上で、新しいスポーツ用具の改良・開発も行っています。具体的には、スポーツ中の筋肉の活動量を測定すると共に、スポーツ用具の機械力学的測定を併用し、それらのデータを端末に取り込み処理する測定システムを構築し、人間とスポーツ用具の関係を評価しています。私たちの研究の成果は、スポーツパフォーマンスを向上することに役立つと共に、スポーツ障害の発生原因の解明・防止へと医療および福祉の分野で貢献しています。

アンビエント生体医工学研究室

アンビエント生体医工学研究室

担当教員: 野村 収作

RESEARCH FIELD:
Ambient Engineering, Biomedical Engineering, KANSEI physiology, Biological Information Processing
RESEARCH TOPICS:
1) Development on ambient biomedical systems which feedbacks human physiological information with controlling ambient circumstance to adapt or regulate humane mental and/or somatic condition
2) Development on apparatus to determine human hormonal secretion in the non-invasively and less stress manner toward the objective human stress determination

理論生命科学研究室

理論生命科学研究室

担当教員:西山雄大

<Research Fields>
Theory of Life, Internal Measurement, Animal Behavior, Embodied Cognition, Complex Systems, Performance Art

<Research Topics>
(1) Swarm: Understand a wholeness of natural collective behavior and develop innovative swarm-inspired systems.
(2) Bodily Self-Consciousness: Investigate indefiniteness of Self-Body and develop altered states of body-sensation.
(3) Performance Art: Express your life.

>>more details HERE

経営システム学講座 Management Systems

3E(エネルギー、経済、環境)研究室

3E(エネルギー、経済、環境)研究室

担当教員: 李 志東

経済学、計量経済学、エネルギー経済学、環境経済学などの理論、手法を用いて、エネルギー需給問題、環境問題に関する実証的研究を行い、持続可能な発展のための政策提言を目指すとともに、エネルギー・環境経済学ともいうべき新しい学問体系の構築を試みます。学生諸君の鋭い感性とチャレンジ精神を活かしながら、切磋琢磨を通じて研究を展開したいと考えています。

信濃研究室

信濃研究室

担当教員: 松井 志菜子

わが国は今、司法改革、憲法改正を論じている。この議論に参加し討論するためには、歴史を紐解き、世界の国々の様々な政治体制、民族や人種、宗教や慣習の異なる地域の法秩序や法体制を基礎知識として知るべきであろう。また人、物、資金の流動化により、知的財産権や環境問題など国境を超えた紛争や軋轢が起き、問題解決に司法の役割も大きい。法とは何か。人が人を裁くとは。人間社会の規律、法を多面的に探っていく。

経営社会学研究室

経営社会学研究室

担当教員: 綿引 宣道

産学連携の際に必要な技術情報の効果的移転方法、共同研究先の探し方などを核として、組織の中の知識管理、個人の役割、宣伝方法を研究しています。

安全法学・組織文化研究室

安全法学・組織文化研究室

担当教員:岡本 満喜子

人間は気をつけていてもミスをします。また、「3人寄れば文殊の知恵」でもありますが、組織で話合いをするからこそ起きる「不適切な意思決定」もあります。それがなぜ起きるのか、人間の心や体の動きを通して分析し、解決策を検討します。
また、人間の行動を規律するのは社会のルールである「法」ですが、今ある法が本当に人にとって望ましい姿か、常に疑問を持ち、改善していく必要があります。
これらの研究を通じ、安心・安全な社会の実現を目指しています。

経営戦略・技術経営・ものづくり経営研究室

経営戦略・技術経営・ものづくり経営研究室

担当教員:鈴木 信貴

経営という現象は非常に複雑な現象で、様々な要因が影響します。当研究室では、経営学の基礎・最新文献を輪読し、理論、研究方法を学ぶとともに実務家のゼミへの招聘や会社・工場のフィールド調査を通して、一歩ずつ経営の因果関係を解明することを目指しています。また、京都大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学が主催するビジネススクールの交流団代「関西MBA学生フォーラム」に会員として参加し、大学間の交流を深めています。

経済活力研究室

担当教員:中村 幸一郎

産業の構造・生産性の推移、技術革新の進展、制度・政策の動向等が経済活力にどのように影響を与えるのか、或いは、経済社会が持続的に発展していくにはどのような取組みが効率的で効果的なのかを考察します。
1.産業の構造・生産性の推移と経済活力の関係
2.技術革新と経済活力の関係
3.産業政策、技術政策、環境・エネルギー政策等と経済活力の関係

経営戦略・ビジネスモデル・マーケティング研究室

担当教員:伊藤 嘉浩

経営学のうち、経営戦略論の研究をビジネスモデル論を中心として行い、さらにマーケティングやイノベーション・マネジメント論の分野までを含む広範囲で研究を行っています。特に、IT分野を中心に優れたビジネスモデルの多角的分析を行い、さらに優れたビジネスモデルがどのように創造されるのかというプロセスとマネジメントについて研究を行っています。また、企業経営を取り巻く環境の変化が非常に早くなっていることから、これに対応できるスピード重視の経営戦略について事例の調査分析を行っています。 そして、企業内のイノベーション・マネジメントについても研究を行っています。さらに、マーケティング分野の研究として、インターネットと実店舗を融合するオムニチャネル戦略と、映画やアニメなどのコンテンツビジネスにおける消費者行動の調査分析と理論化を行っています。

ソーシャル情報システム学講座 Social Information Systems

安全・技術・社会研究室

安全・技術・社会研究室

担当教員: 三上 喜貴

当研究室では、以下のようなテーマで研究を進めています。

1.技術と社会:
・21世紀のアジェンダと産業技術政策
・技術者倫理教育プログラムの開発
・日本の産業開発経験に関する研究

2.情報と社会:
・情報社会における民主主義とプライバシー
・サイバースペースにおける多言語主義
・電子政府の計画と評価

3.国際開発論:
・アジアの社会経済発展と情報技術政策
・日本の技術援助/留学生政策に関する研究
・技術志向起業家育成プログラムの開発

http://gii.nagaokaut.ac.jp/gii/

講義用ホームページ

知能情報学研究室

知能情報学研究室

担当教員:山田 耕一、畦原 宗之、鈴木 泉

堅くて融通の利かないコンピュータを、より柔軟により使いやすくするための理論や技術について研究しています。この分野には大きく分けると2つの研究の方向があります。一つはコンピュータを道具としてより分かりやすくする研究、もう一方はコンピュータに知恵を持たせることによって使いやすくする 研究です。本研究室では後者の立場を中心にしつつ、前者についての研究も行っています。具体的にはコンピュータによる推論や学習についての理論的な研究・応用としてユーザの意図を推論する知的ヒューマンインタフェース、高齢者向けのポインティングデバイス、ユーザの感性を考慮したデザイン、ブランドイメージのモデル化とシミュレーション等の研究を行っています。

知識システム研究室

知識システム研究室

担当教員:湯川 高志

知識システム研究室では、インターネット等に存在する大量の『情報』からユーザの要求に適したものを検索、それら断片的な情報を利用可能な『知識』として集約・再構成するコンピュータシステム『知識オーガナイザ』についての研究を行っています。

インターネット上に存在する情報はそれだけでは断片的であり、知識として利用するためには人間が理解できるように再構成しなければなりません。しかし情報は膨大で、知識の集約・再構成を人手で行うことは大きな負担となります。そのため、これらの作業をコンピュータで代行させることで、ユーザーの負担を軽減させるというのが知識オーガナイザの目的です。

本研究室ではこれら知識の集約のためのアルゴリズムやシステムを研究しています。この分野の適応範囲は非常に広く、検索技術やWebでの評判情報の抽出、また人間の経験的知識を形式知に変換する研究など、様々なテーマに挑戦できる研究室です。

数理工学・宇宙物理学研究室

担当教員:高橋 弘毅

数理工学・宇宙物理学研究室では、オペレーションズ・リサーチや意思決定論および制御工学などの数理工学(科学)の分野の研究を進めています。また、重力波の初観測をめざし、情報処理や信号処理の知識・技術を応用したデータマイニング手法の開発など宇宙物理学分野の研究も進めています。一緒に研究を進めたいと考えている人は、研究室のHPをみたり研究室を訪ねてみてください。

数理工学・宇宙物理学研究室HP

知識マイニング研究室

担当教員:野中 尋史

本研究室では,テキストマイニング(文書から有用な情報を抽出する技術),空間統計学などの手法を利用した特許・判例などの知財文書やtwitterなどのSNSデータを対象にした解析を行っております.具体的には,知財戦略策定などに有用となる特許文書のスコアリングや特許情報の可視化技術の開発,特許の偏在性を利用した産業集積の分析,判例からの司法統計情報抽出,twitter情報と商品売り上げとの関連性分析な どのテーマを遂行しております.

羽山研究室

担当教員:羽山 徹彩

準備中

page top