情報・経営システム工学について

カリキュラム

バックグラウンドの異なる人を幅広く受け入れ、情報技術と経営知識をプラスする

情報・経営システム工学課程/専攻(学部 / 修士)

情報・経営システム工学課程/専攻では、情報社会における経営組織体において、情報技術を駆使したマネージメントの実践と経営システムおよびそれを支える情報システムの改革を継続して担うことのできる技術者の養成を目的としています。このために、次の学習・教育目標を設定しています。

  1. 科学的・合理的な経営システムを創出する能力を身に付ける
  2. 情報技術を駆使して経営システムを具体化する能力を身に付ける
  3. 経営システムのデザイン(計画、設計、管理)能力を身に付ける
  4. 情報・経営システムの開発能力を身に付ける
  5. 経営を取り巻く経済・社会環境をグローバルな視点で把握する能力を身に付ける

本学 長岡技術科学大学では、すべての学生に、広い視野で将来を見通すことのできる洞察力と高度な専門知識・技術を身に付けさせるため、開学以来、学部から大学院修士課程までの一貫した教育を行ってきました。情報・経営システム工学課程/専攻においても、上記の学習・教育目標のもと、課程(学部)での4年間と、 専攻(大学院修士課程)での2年間で一貫したカリキュラムが構成されています。

本課程・専攻における教育スタッフには、企業における実務経験を持つ者も多く、情報を操る技術力と、経営に必要な様々な知識を、実際の現場の要求に即した形で学ぶことのできるカリキュラムになっています。

更に、本課程・専攻は、「バックグラウンドの異なる人を幅広く受入れ、各人が培ってきた専門知識を活かした人材育成」を目指しており、情報技術や経営に関する専門知識のない人であっても、学部第1学年からの4年間+修士2年間、もしくは学部第3学年編入時からの2年間+修士2年間で、上記の学習・教育目標にある内容を十分に身に付けられるよう、カリキュラムが工夫されています。

各授業科目の詳細について、詳しくは、本学 授業科目概要(シラバス)のページをご覧ください。

page top