お知らせ

お知らせ

2021年4月、情報・経営システム工学専攻の新たなスタッフとして、白川智弘(しらかわ ともひろ)准教授が着任されました。

白川先生はこれまで、日本学術振興会特別研究員PD、防衛大学校電気情報学群情報工学科助教、同専任講師を務められました。本専攻ではソーシャル情報システム学講座に所属されます。教育研究の場でますますご活躍されることと思います。

着任に際して、ご抱負をいただいています。

「2021年4月1日付けで情報・経営システム工学専攻に着任致しました白川智弘です。私の経歴はちょっと変わっていて、キャリアの初期においては細胞生物学・生物物理学分野で真性粘菌という単細胞生物を使った研究を行っていました。しかしながらその後、個別の生命現象ではなく生命そのものを理解することを志向し、システム論的な観点から生命を研究すべく、情報科学分野に転向致しました。現在は、人工知能の研究などを含む知能情報学分野をメインに研究を行っておりますが、同時に生命科学分野における研究も継続しています(未だに粘菌も使っています)。つまり、今は生命・人間科学と情報科学の境界領域研究に取り組んでおりまして、生命・人間科学と情報科学、両方への取り組みがシナジーを起こすような、両方にまたがる研究を展開しております。これまでにいくつかの研究成果は企業との連携により製品としてリリース・社会実装されるに至っていますが、この度情報・経営の名を冠する専攻に着任したことは、これまで以上に自分の研究を実社会で役立てるための契機になるのではないかと期待しております。どうぞよろしくお願い致します。」

page top