スタッフ紹介

プロフィール profile

永森 正仁

永森 正仁

NAGAMORI Masahito

nagamori@kjs.nagaokaut.ac.jp

職名 助教
学位 修士(工学)
所属 技学研究院 情報・経営システム工学専攻 ヒューマン情報学講座
兼務 マルチメディアシステムセンター,共通教育センター
主な授業担当科目 情報検索論(学部教養), 情報リテラシーI(学部1年), 経営情報数学I(学部2年), 経営情報数学II(学部2年), 福祉工学・医療情報学概論(学部3年)
研究分野 情報システム工学,教育工学,福祉工学
研究テーマ ■自学自習用eポートフォリオシステムを用いた学部学生・大学院学生(サポータ)・科目担当教員間の協働 ■個別化と形式化を実現する「個別の教育支援計画」作成支援システムの開発 ■Webカメラを用いた特別支援教育における突発的な児童問題行動の記録・共有システム ■eラーニングを介した特別支援教育における分散的知識の蓄積:事例データベース ■TV会議システムと携帯電話機を用いた複数クラス遠隔授業実践
研究業績等 http://souran.nagaokaut.ac.jp/view?l=ja&u=23&i=j20&sm=name&sl=ja&sp=2
所属学会 電子情報通信学会,教育システム情報学会,日本教育工学会,日本行動計量学会
研究室名 医用福祉工学研究室
研究室HP --
オープンキャンパス出展テーマ こんな講義を受けてみたい!マルチメディア教材最前線

研究概要

教育や福祉領域におけるWebシステムの開発や,その活用によるユーザの行動分析を研究テーマとしています. 例えば近年,eポートフォリオに代表される,Web上で“プロセス”を作成し,その情報の蓄積・共有・活用が可能なシステムが報告されています.このようなシステムの多くは,画一的なテンプレートを定めることで,形式化された“プロセス”の作成を支援するというものです.しかし,それゆえに,多様なニーズに対する個別化された“プロセス”を記述することは困難です.さまざまな“局面”でコミュニケイションがより重要な役割を担う時代,情報の活用には,情報蓄積の個別化と,情報共有の形式化とのトレド―オフを解決しうるWebシステムの支援が不可欠です. このような支援システムの開発を,教育や福祉領域をフィールドとして,社会の中で実践していくことを研究のテーマとしています. <a href="http://imse.nagaokaut.ac.jp//wp-content/uploads/2013/04/2012-12-25_111639.png"><img src="http://imse.nagaokaut.ac.jp//wp-content/uploads/2013/04/2012-12-25_111639-600x449.png" alt="" class="alignnone size-large wp-image-369" /></a> <p style="text-align: center;">図1.特別支援教育におけるナレッジマネージメントモデル</p>

テーマ1:Webカメラを用いた特別支援教育における突発的な児童問題行動の記録・共有システム

教育現場での児童問題行動をWebカメラで記録し,事例データをWeb上で蓄積・共有可能な特別支援教育事例データベース・システムを開発しました.システムの利点は,以下のとおりです. <ol> <li>Webカメラは授業中,ワイヤレスマウスにより記録が開始されると,20秒間遡りビデオ記録をサーバに蓄積します.これにより,通常突発的に起こる児童の問題行動をタイミング良く記録できます.</li> <li>Webカメラで記録されたビデオ記録により,記憶が不確かな場合でも,問題行動を電子カルテに明確に記述することができます.</li> <li>システムには最大4台のWebカメラが接続でき,問題行動を複数の角度から記録できます.これにより,単一の角度からのみでは記述が難しい問題行動についても電子カルテに明確に記述することが可能です.</li> </ol> <ul> <li>キーワード:Webカメラ,電子カルテ,事例データベース</li> </ul> <a href="http://imse.nagaokaut.ac.jp//wp-content/uploads/2013/04/2012-12-25_112320.png"><img src="http://imse.nagaokaut.ac.jp//wp-content/uploads/2013/04/2012-12-25_112320-600x431.png" alt="" class="alignnone size-large wp-image-370" /></a> <p style="text-align: center;">図2.Webカメラを用いた分散型事例データベース・システムの概要</p>

テーマ2:形式手法を用いた特別支援教育における「個別の教育支援計画」作成支援システム

近年,特別支援教育が開始され,「個別の教育支援計画」の作成が義務付けられました.しかし,児童一人ひとりの記述が必要であり,未だに統一された記述の様式は無いため,データベース化への対応は困難です.この記述における個別化と形式化のトレードオフを解決することを目的に,作成支援システムを開発しました.システムの特徴は以下のとおりです. <ol> <li>システムは児童一人ひとりの記述文法を保持します.記述文法は,「個別の教育支援計画」の枠組みの範囲内で再定義ができ,教師の意図する記述項目の変更が可能です.これにより個別化を支援します.</li> <li>記述項目は記述データとしてデータベースで正規化されています.さらに,記述文法は記述項目間の正規化を支援し,記述内容間の整合性を高める.これにより形式化を支援します.</li> <li>「個別の教育支援計画」は記述文法に則った木構造として扱われ,適宜記述される支援プロセスの関係を明確化にします.これにより,教師らの知識共有を支援します.</li> </ol> <ul> <li>キーワード:個別の教育支援計画,形式手法,記述文法</li> </ul> <a href="http://imse.nagaokaut.ac.jp//wp-content/uploads/2013/04/23f655f0176e02ce45417c8ff3cb3946.png"><img src="http://imse.nagaokaut.ac.jp//wp-content/uploads/2013/04/23f655f0176e02ce45417c8ff3cb3946-600x385.png" alt="" class="alignnone size-large wp-image-371" /></a> <p style="text-align: center;">図3.「個別の教育支援計画」作成支援システム</p>

テーマ3:学生・サポータ・教師の協働を支援する自学自習用eポートフォリオシステム

本学サポータ制度における学習のプロセスとは,学生のつまずきに対する学習対応の連なりです.この学習プロセスは,サポータや教員らの支援・指導内容を含みます.このため,学習プロセスの蓄積には,学生自身の記述のみならず,必要に応じたサポータや教員からの記述が求められます. そして,学習のつまずきは学生一人ひとりのニーズによるものであるため,この学習プロセスの記述は個別化される必要があります.このように記述された学習プロセスの共有により,学生一人ひとりの学習状況を踏まえた,教員およびサポータの協働を支援します. また,蓄積された学習プロセスを,各科目における学習のつまずきの事例として共有することで,他の学生の学習での参考資料や,教員らのFD資料として活用することも可能となります. <ul> <li>キーワード:自学自習eポートフォリオ,学習プロセス,協働学習</li> </ul> <a href="http://imse.nagaokaut.ac.jp//wp-content/uploads/2013/04/2012-12-25_112552.png"><img src="http://imse.nagaokaut.ac.jp//wp-content/uploads/2013/04/2012-12-25_112552-600x448.png" alt="" class="alignnone size-large wp-image-372" /></a>

page top