スタッフ紹介

プロフィール profile

山田 耕一

山田 耕一

YAMADA Koichi

yamadaa@kjs.nagaokaut.ac.jp

職名 教授
学位 博士(工学)
所属 技学研究院 情報・経営システム工学専攻 ソーシャル情報システム学講座
兼務 --
主な授業担当科目 一般工学概論(学部2年), 統計工学基礎(学部2年), ヒューマンインタフェース工学(学部3年), 人工知能論(学部3年), 機械学習論(大学院), 計算知能論(大学院), 人間・社会・産業情報学特論(大学院)
研究分野 知能情報学、認知科学、感性情報学・ソフトコンピューティング
研究テーマ ■不確実な環境・情報下での学習・知識獲得・推論とその応用, 不確実性 Dempster-Shafer理論 ラフ集合論 ファジィ理論 推論 学習 ■感性とオリジナリティの双方を満たすデザイン支援方法論, デザイン支援 感性 オリジナリティ ■不確実な環境下での記述的意思決定, 記述的意思決定 不確実性 Dempster-Shafer理論 ■多機能情報機器のための新しいヒューマンインタフェースパラダイム, ヒューマンインタフェース HCI 意図推論
研究業績等 http://souran.nagaokaut.ac.jp/view?l=ja&u=111&i=j35&sm=name&sl=ja&sp=2
所属学会 知能情報ファジィ学会、人工知能学会、IEEE、日本感性工学会、電子情報通信学会、情報処理学会
研究室名 知能情報学&HCI研究室
研究室HP http://kjs.nagaokaut.ac.jp/yamada/yamada-lab/
オープンキャンパス出展テーマ 知性と感性をコンピュータで活かす!
H25オープンキャンパス出展予定 有り

研究概要

堅くて融通の利かないコンピュータを,より柔軟に,より使いやすくするための理論や技術について研究しています.具体的には,コンピュー タをより賢くするための知能情報学における様々な理論・技術と,それらをヒューマン・インタフェースや感性工学に応用する研究です.基礎技術については, ソフトコンピューティングまたは計算知能分野(Computational Intelligence)に含まれる各種理論(ファジィ理論,可能性理論,証拠理論,ラフ集合理論,進化的計算,確率推論,等)を中心に研究し,それら を意思決定モデル,ウェブインテリジェンス,感性デザイン,データ・マイニング,テキストマイニング,音楽情報処理,等に応用しています.

テーマ1:感性イメージとオリジナリティを同時に満たすデザインの生成支援

感性工学では,ユーザが望むイメージ(例えば,クール,かわいい,シンプル等)を持つ商品や人工物の意匠デザインを支援する方法が研究されています.技術的には,ラフ集合を用いた知識獲得や,対話的遺伝的アルゴリズムによるイメージに合うデザインの探索などが使われますが,これまで,デザインにとってとても大切な「オリジナリティ」の実現についてはあまり研究されてきませんでした.私達の研究室では,既存のデザインを集めて整理した決定表から,デザイン・イメージに関する知識を獲得すると同時に,既存デザインとは異なる,オリジナリティを感じられるデザインの生成方法について研究しています. <ul> <li>キーワード:感性工学,デザイン,ラフ集合論</li> </ul>

テーマ2:Web文書からの知識獲得および有効利用に関する研究

インターネット上には膨大な数のWebサイトがあり,web文書(テキスト)があります.それは,つまり,インターネット上に膨大な量の情報が詰まっていることを意味しており,それらの情報を利用しない手はありません.本研究室では,それらの情報の有効利用を目指して,テキスト・クラスタリング,テキスト要約,テキストからの知識獲得,グラフや図のテキスト化,等に関する研究をしています. <ul> <li>キーワード:テキストマイニング,文書クラスタリング,メディア変換</li> </ul>

テーマ3:不確実な環境下での記述的意思決定モデルに関する研究

複数の選択肢の中からベストなものを選ぶ選択 -意思決定- は,私達の生活や人生のあらゆる場面で頻繁に起きます.意思決定が難しい理由の1つは,一般に状況が不確実だからですが,コンピュータを真に「知的」にするためには,そのような状況でも人間と同等の意思決定能力を持たなければなりません.経済学の分野では,確率的な不確実性下での記述的意思決定モデル(人間が行なう意思決定のモデル)の研究でノーベル経済学賞(2002年,カーネマン)が与えられましたが,私達は,確率情報も不確定な状況下での記述的意思決定モデルについての研究を行なっています. <ul> <li>キーワード:意思決定モデル,限定合理性,不確実性</li> </ul>

page top