お知らせ

お知らせ

2015年4月、情報・経営システム工学専攻に新たなスタッフとして、野中 尋史(のなか ひろふみ)講師が着任されました。

野中先生は独立行政法人新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)フェロー、豊橋技術科学大学知財連携コーディネーター、同大学知能・情報工学専攻産学官連携研究員、名古屋大学研究推進室研究員、大分工業高等専門学校情報工学科講師等の任を経て、本学 情報・経営システム工学専攻に着任されました。先生は久留米工業高等専門学校、豊橋技術科学大学で学生生活を送った経験もお持ちで高専や技術科学大学と縁の深い人生を歩んでおられます。専門は知財情報処理、テキストマイニング、空間統計学などです。

コーディネータとして携わった知財実務における経験を生かした知財情報処理の研究は外部より評価されており、学術分野においては経営工学会九州支部の発表会にて高専時代の指導学生が2年連続で最優秀賞を受賞する一方で、その実用性の高さより日刊工業新聞社キャンパスベンチャーグランプリ中部において日刊工業新聞社賞を獲得したりと学術分野以外からの注目も浴びています。

「知財情報処理の分野は非常に実践的な学問でありますが、大学創設期より実学である「技学」という概念を提唱し、そのもとでイノベーションの根幹をなす研究成果と人材を輩出し続け内外から高く評価されている本学に採用されましたことは、大変光栄に思っております。また、高専と深い絆で結ばれ、母校豊橋技科大の姉妹校でもある本学にはすでに大変な愛着をいただいております。これまでの経験を生かし少しでも貢献できるよう努力したいと思っております。」との抱負をいただいています。これから情報・経営システム工学専攻のスタッフとして、教育研究活動に、様々な経験を活かしてご活躍されることと思います。

page top