お知らせ

お知らせ

本系所属の 高橋 弘毅 准教授らのグループが、2013年9月に開催された国際会議「第8回ICICIC(革新的計算論と情報・制御に関する国際会議)」において、Best Paper Awardを受賞しました。Best Paper Awardとは、国際会議で発表される数多くの論文の中から、数編、優秀な論文が選ばれ、表彰されるものです。

高橋准教授らのグループは、人間の身体の動作のなかのスキル(技能)の数理的な特性をモデルとして構築することを目的とし、人間の動作のデータから特徴を見つけだすための基礎的な研究を行っています。今回はその成果が高く評価されました。この研究がさらに発展すると、ひとりひとり違う動作のクセやスキルを数や量の視点で公平に比べるための方法の開発や、それによって人から人へ技能を伝えるための教育の支援を行うことなどが期待されます。

参考:本学 新着情報のページ

page top